【スタリラ】「別れの戦記」のストーリー解説/セリフまとめ

スタリラ(少女☆歌劇 レヴュースタァライト −Re LIVE−)の演目「別れの戦記」についてまとめています。舞台少女の解説やセリフ、ストーリー予想も掲載していますので、「別れの戦記」の詳細を知りたいときに活用してください。

友情と悲しみの騎士二人

別れの戦記とは

別れの戦記
別れの戦記とは、聖翔音楽学院99期生が演じた中世の戦記物。

争う中である太陽国と黒獅子国、敵対している騎士二人が自国への愛と友情の間で葛藤する様が描かれています。

自分が信じた正義のために太陽国を裏切った黒獅子軍の軍団長。自国を守るためにかつての親友を斬らねばならない太陽国の軍団長。

そして、それぞれの兵士たちの思い。

争いの果てにどのような結末を迎えるのでしょうか。

別れの戦記のストーリー予想

別れの戦記のストーリーについて、キャラクターの台詞とメモワールの解説を元に予想してみました。

対になっているキャラもいるので、ペアだと予想できるキャラについてはペアに分けて紹介します。

大まかな全体のストーリー

天堂真矢
太陽の国と黒獅子の国は敵対しているものの、大きな戦争はなくそれなりに平和でした。

しかし、太陽国の騎士であった香子が自国を裏切り、黒獅子国の軍団長となってしまいます。

それにより運命の歯車が回りだし、両国の存亡をかけた全面戦争へと突入するのです。
花柳香子
そして、それぞれの戦いが始まりました。

太陽国の騎士団長はというと、国か友かで葛藤しながらも戦いに挑み、結果的に友を取り黒獅子国の軍団長の前に倒れてしまいます。

その後、太陽の国が滅びたのか黒獅子の国の支配を受けることになったのか、真実は不明です。

切なくも美しい物語、そこに華を添える歌とダンス、さらには迫力がある殺陣も加わり、非常に見応えのある舞台になっているようです。

天堂真矢&花柳香子

別れの戦記
別れの戦記
メモワールの解説や真矢と香子の台詞からも、別れの戦記は太陽国と黒獅子国の軍団長2人にフォーカスした物語になる模様。

真矢のセリフから、かつて香子とは親友関係であり、同じ太陽国を守る騎士でもあったようです。

2人でいつまでも太陽国の騎士でいられるかと思いきや、ある日突然香子は太陽国を裏切り、敵国である黒獅子国の軍団長になってしまいます。
花柳香子
なぜ香子は太陽国を裏切り、敵国に寝返ったのでしょうか。

キャラ解説と関連セリフから、“自分の正義・理想”のために裏切ったことが分かります。

では、香子が求める正義と理想とは何かと言うと、香子の役セリフの1つにある『騎士であれば誰しも潔白な君主の元で仕えたい……』が答えではないでしょうか。
花柳香子
おそらく、太陽国の君主は色々と悪どい人物なのだと思われます。自分勝手で我儘、国民を蔑ろにするといった君主だったのでしょう。

それらに愛想をつかした香子は、理想の君主像を黒獅子国の君主に見出したのかもしれません。

国と民の為に生きるのではなく、あくまでも自分の正義と理想を第一とするのが騎士香子なのだと分かります。
天堂真矢
一方、太陽国軍団長の真矢はというと、国と民を守るべき対象として最後まで戦い抜きます。君主について彼女がどう思っているのかは分かりません。

騎士である前に絶対である君主の元で軍人として、国と民のために殉ずることを決めていたのでしょう。
しかし、『なんで…!?なんで最後手ぇ抜いたんや!』という香子の台詞から、最後の最後に太陽国の軍団長真矢はかつての親友を選んだように読み取れます。
別れの戦記
『裏切り者に情けをかけるほど、私は甘い人間ではありません!』と言いながらも、最期には国ではなくを選んだのです。

それほど香子を大切に思っていたのか、それとも自国に思うところがあったのかは真矢しか分かりません。

軍団長が倒れた太陽国がその後どうなったのか、かつての友を斬った香子が何を思い過ごしたのか気になるところです。

愛城華恋&神楽ひかり

別れの戦記
別れの戦記
華恋とひかりについては、はっきりと2人だと断言されている訳ではありません。しかし、互いのセリフと関係性、まひるの関連セリフからも推測するとペアで考えていいでしょう。

華恋とひかりは敵同士として出会ったものの、友として惹かれ合う2人は互いに"戦えない"と、気付いてしまいます。
別れの戦記
そして、黒獅子国の騎士ひかりは、"敵同士だから戦うのは仕方ない"と自分を納得させようとしますが、迷った挙句に城を抜け出すのです。

わざわざ黒獅子の国の城を抜け出したひかりが向かった場所は、太陽国の騎士華恋の元で間違いないでしょう。

会いに行ったひかりは『あなたに国を捨てる覚悟があるのなら……二人でどこか遠くに行こう』と、このセリフを国か友かで葛藤している華恋に投げかけたはずです。
別れの戦記
華恋がひかりの手を取ったかは、書かれていないため不明です。

しかし、華恋の関連セリフとひかりの役セリフから考えると、真矢と香子とは違い、それなりに明るい結末になるのではないでしょうか。

石動双葉&西條クロディーヌ

別れの戦記
別れの戦記
常に鍛錬に励み、自分の技を磨いてきた太陽国の騎士双葉と黒獅子国の騎士クロディーヌはライバル同士。

互いに全力で戦える機会が巡ってきましたが、そこは太陽国と黒獅子国のそれぞれの騎士が生死をかけて争う戦場でした。
別れの戦記
別れの戦記
全力で戦えるなら戦争も悪くない”と考えるクロディーヌとは反対に、“ずっとライバルでいたい、戦場で戦いたくなかった”という気持ちがある双葉。

今まで負け続けだった双葉が勝利を掴むのか、今回もクロディーヌが見事な剣技で相手を圧倒するのか。

最後のライバル対決はどちらに軍配が上がるのでしょうか。

露崎まひる

露崎まひる
町の見回りを担当しているまひるには何かあった際、民に被害が出ないよう最後まで町を防衛する役割があります。

「私は、自分の信義に殉ずる役。」というセリフ通り、それが命を落とす戦いであったとしても。
露崎まひる
誰よりも優しく争いが苦手でありながら、いざという時に守るべき人のために最後まで戦えるまひるは、正に今回の役にぴったりでしょう。

民を守る。ただそれだけを胸に、最後まで門の前に立ちはだかります。

大場なな

大場なな
心優しい太陽国の騎士ななは、人々が戦わなければならない戦争に胸が痛みます。

しかし、太陽国の騎士として守るべきもののために小隊を指揮し、黒獅子軍との戦争に挑むのです。
大場なな
黒獅子の軍師が考え抜いた作戦を物ともせず突き進む姿は、自軍の士気の鼓舞に一役買っていることでしょう。

星見純那

星見純那
黒獅子の国の騎士純那は、緻密な作戦を考え相手を追い詰めるよき軍師です。

彼女に苦い思いをさせられた騎士は数多くいるでしょう。

国と民を守ろうと必死な太陽の国の騎士相手に火矢を放つなど、考え抜かれた軍師純那の作戦が次々と襲いかかります。
星見純那
彼女が見据えているのはただ1つ、自国の勝利のみ。

別れの戦記の舞台少女・メモワール解説

舞台少女

太陽軍

舞台少女 解説
太陽の国の軍団長 天堂真矢 太陽の国の軍団長 天堂真矢
太陽の国の軍団長のその剣さばきは鮮やか。仲間を連れて敵城を駆け上がる彼女はその頂で旧知の友と出会う―
太陽の国の騎士 愛城華恋 太陽の国の騎士 愛城華恋
太陽の国の旗を背負う責任と、大切な友への愛との間で揺れている騎士。あの子ともう一度会って話そうと、ペンダントを握りしめ歩みを進める。
太陽の国の騎士 露崎まひる 太陽の国の騎士 露崎まひる
子どもたちの人気者である城下町の見回り騎士。そんな彼女は街が攻め込まれるのを食い止めるため、門の前に立ちふさがる。
太陽の国の騎士 大場なな 太陽の国の騎士 大場なな
太陽の国の小隊をまとめる隊長。降りそそぐ火矢をものともせず、隊を指揮して先陣切って相手へと駆ける。
太陽の国の騎士 石動双葉 太陽の国の騎士 石動双葉
前線で戦うことを好み、常に訓練に明け暮れる太陽の国の騎士。そんな彼女の最大のライバルに、ついに挑む時が来たのだ。

黒獅子軍

舞台少女 解説
黒獅子の国の軍団長 花柳香子 黒獅子の国の軍団長 花柳香子
黒獅子の国の軍団長。太陽の国から離反した彼女は、その圧倒的な力から瞬く間に今の地位に上り詰めた。そんな彼女は彼女の正義を持っている。
黒獅子の国の騎士 神楽ひかり 黒獅子の国の騎士 神楽ひかり
始まってしまった争いに、表情を曇らせた黒獅子の国の騎士。自分はあの子と戦えないと気付いてしまった彼女は、ひっそりと城を抜け出すのだった。
黒獅子の国の騎士 西條クロディーヌ 黒獅子の国の騎士 西條クロディーヌ
黒獅子の国の一匹狼、剣の腕前は国一と謳われる騎士。湖で一人鍛錬を積む彼女のもとにも、出陣の知らせが届くのだった。
黒獅子の国の騎士 星見純那 黒獅子の国の騎士 星見純那
黒獅子の国のよき軍師。綿蜜に練られた計画で相手を確実に追い詰める。未来を見据える彼女の姿に多くの仲間の士気があがった。

メモワール

メモワール 解説
友情と悲しみの騎士二人 友情と悲しみの騎士二人
「なんで……!?なんで最後手ぇ抜いたんや!」
二人の騎士の、悲しい結末……
美しく、そして切ない物語は二人だけでなく、見る者すべてを惹き込む。
「別れの戦記」の王国旗 「別れの戦記」の王国旗
「別れの戦記」は争い合う太陽国と黒獅子国の騎士二人が愛国と友情の間で葛藤する様を描いた中世の戦記物。この黒と金で彩られた旗は、黒獅子国用の小道具。

別れの戦記の舞台少女セリフまとめ

※別れの戦記シリーズの舞台少女(キャラ)のセリフから、演目に関係があるセリフをまとめています。
※他にもセリフを発見次第、随時更新します。

太陽の国の軍団長 天堂真矢

太陽の国の軍団長 天堂真矢
役セリフ
『あの日、笑って別れたじゃない……酷い。酷いわ。貴女はいつだって自分勝手で……』
『裏切り者に情けをかけるほど、私は甘い人間ではありません!』
『貴女はなぜ、なぜ国を……私を裏切ったのです……!答えなさい!』
関連セリフ
騎士隊長という威厳のある役、楽しんでいます
この舞台は私にとって大変思い入れのあるものです。だからでしょうか……少し余分な力が。気をつけないと。
この役で、誰よりもキラめきを放ってみせましょう。
花柳さん、役との相性が噛み合って何時になく調子が良さそうですね。
絶望、怒りの演技は加減を誤るとひどく陳腐なものとなります。しかし、その難しさこそがやりがいなのです。
先程から愛城さんの姿が見えず……ご存知ありませんか?確認があったのですが。
今回の配役、太陽の国には活発な気質の方が集まりましたね。
大親友に裏切られる……身を裂くような思いに彼女は何を思うのか……。

黒獅子の国の軍団長 花柳香子

黒獅子の国の軍団長 花柳香子
役セリフ
『なんで…!?なんで最後手ぇ抜いたんや!』
『逆らわらんかったら命までは取らへんよ』
『騎士であれば誰しも潔白な君主の元で仕えたい……せやけど上手くいかんもんやね』
『もう後戻りはできひん、失った命のためにも……!』
関連セリフ
自らの理想の為に、孤高に生きる。うちもその気持ちわかるわぁ。
思いがすれ違い、決裂する二人……報われまへんな。
今回は双葉はんとは敵同士……。面白くなりそうやね♪
あんさんも黒獅子の旗を振って応援よろしゅう頼みます♪

太陽の国の騎士 愛城華恋

太陽の国の騎士 愛城華恋
役セリフ
『やっぱり、あなたと殺し合うなんておかしい……!共に生きることは出来ないの?』
『あの子のことが忘れられない……!』
『ねえ、私たち、もっと違う出会いをしていれば……』
関連セリフ
ね、生まれ育った国と大事な人……選ぶことが出来る?
騎士って言えば……馬!だけど、乗馬はしたこと無いなぁ。はいやー!はいよー?やっほー??
じゃーん!今回の衣裳はみんなどこかに太陽のモチーフをつけてるんだよ!
天堂さんの隊長姿、すっごくキマってる~!私ももっと威厳を……!ふんっ!
太陽キラめくスポットライト!私の剣から直射日光!……ってイメージで、どう?
歩兵さんって……ずーっと長い距離を歩くんだ。辛そうだよねぇ、足もクタクタだし、お腹もペコペコになりそう……。
この役は友人と戦うことに悩んじゃうんだ……でも、ちゃんと選ぶことができるの!

黒獅子の国の騎士 神楽ひかり

黒獅子の国の騎士 神楽ひかり
役セリフ
『国が二つあるのなら、戦うことは仕方ないこと……そう、仕方ないの』
『あなたに国を捨てる覚悟があるのなら……二人でどこか遠くに行こう』
『私たち二人がいるんだもの。きっと二つの国は幸せになるわ』
関連セリフ
黒い甲冑で外に出たら暑そう……。
着ているものが違うと……気になる?……慣れて。
剣の稽古、してこようかな……。
戦う時は猛る獅子のように……必ず仕留めるつもりで挑む。
大事な約束のために……っていうのは、共感できる……。
……華恋とお揃いの衣裳も着てみたかった。
これは、大切な二人が戦争で引き裂かれる哀しい物語。

太陽の国の騎士 露崎まひる

太陽の国の騎士 露崎まひる
役セリフ
『子どもまで巻き込んで……こんな戦い絶対に許されない……』
『早く安全な場所へ避難して……!ここは私が食い止める……!』
『戦いが始まってしまったけど……でも私が必ず守ってみせるからね』
関連セリフ
この役はあまり他の役の人と絡みがない分、自分で魅せていかないと……!
戦いの顔に切り替えるのと、舞台の顔に切り替えるのは似てる気がする……。
華恋ちゃんとは同僚の設定だよ!でも、前線と町の見回りで全然運命が違うけど……。
子どもと遊ぶのは好きかなぁ……やっぱり私お姉ちゃんだし。
太陽軍は天堂さんがばっちりまとめてくれているから、練習もスムーズなの!
華恋ちゃんや天堂さんは国と軍に翻弄される役。……私は、自分の信義に殉ずる役。
衣裳、気になるのかな……?意外に軽い素材なんだよ……♪
普段は朗らかに……戦う時は勇ましく……!

太陽の国の騎士 大場なな

太陽の国の騎士 大場なな
役セリフ
『ずっと一緒だったのに……どうしてこうなってしまったのかな……』
『心が締め付けられるような争いだけど…私にも、守るものがあるから……!』
『この小隊の指揮は私が執ります。絶対にみんなを失うようなことはさせないから……!私についてきてください!』
関連セリフ
『私の後に続けーーーー!』なーんて♪……どうかな、ちゃんと騎士っぽいかな?
どうかなこの衣装?髪飾りが太陽の形で気に入っているんだっ♪
まひるちゃんは、普段は城下の子どもたちと遊ぶ優しい騎士の役なんだ。まひるちゃんらしいな〜って♪
白い手袋を投げるっていうのは、決闘の申し込みを意味するんだよ♪
もしも私が本当にこの話の登場人物だったら……やっぱりみんなを守りたいって思うだろうな〜って!
真矢ちゃん率いる『太陽の騎士』と……香子ちゃん率いる『黒獅子の騎士』………。最後の結末は……内緒ですっ♪

黒獅子の国の騎士 西條クロディーヌ

黒獅子の国の騎士 西條クロディーヌ
役セリフ
『この磨いた技で、あの子に勝ってみせる!』
『あの子と全力で戦えるんなら、戦争だってわるくないね。』
『招集…?私に頼るなんて、相当困っているようね』
関連セリフ
私の部屋に双葉が転がり込んできたこともあるけど……やっぱりあの子は、香子と一緒じゃないとね。
湖のほとりで一人修行を行うワンシーンがあるんだけど……そこで、彼女の強さだけではない美しさを出したいの。
キャラクターへの理解力、表現力で、次こそ天堂真矢を圧倒してみせるわ。
中盤で、ちょっとコメディタッチなやりとりも入れたいのよね。どう思う?
どう?衣裳もだいぶ様になってるでしょ。
私の役は好戦的な騎士。雰囲気だけなら闘志のほうがあってるのかもね。
双葉との殺陣のシーンがあるんだけど、ド派手に魅せられそうで楽しみだわ。
今回の舞台、戦いを肯定的に捉えている役って私以外は少ないし、ここでしっかりと役どころを表現しなくちゃね。

黒獅子の国の騎士 星見純那

黒獅子の国の騎士 星見純那
役セリフ
『作戦は子犬を愛でるように丁寧に。時に荒馬に乗るがごとく豪快に!』
『定石通りの戦法では、私の布陣を崩すことは出来ません!』
『勝敗とは、始まるころにはほぼ決しているものです。さぁ!進軍しますよ!』
関連セリフ
見る人をハラハラさせるような迫真の演技をしたいわね。
どこかで花柳さんを見なかった?打ち合わせしておこうと思ったんだけど。
今回は他の仲間役との息を合わせるのが大事になりそうね。いつもより合わせ稽古を多くしないと。
軍をまとめる役は花柳さんの役で、それを支えるのが私……といったところかしら。
西條さんにレッスン見てもらおうかな……。
騎士の鎧ってワクワクする……、せっかくだからこの鎧に名前をつけようかな?
『戦術とは、一点に全てのちからをふるうことである』……ナポレオンによる戦術の格言よ。

太陽の国の騎士 石動双葉

太陽の国の騎士 石動双葉
役セリフ
『今まではずっと負け続けだったけど、今日は違う!今までどおりいくと思うなよ!』
『出来ることならずっとライバルのままで……。こんな形では戦いたくなかった……!』
『絶対に負けるわけにはいかねえんだよ!太陽の騎士としてっ!』
『太陽国が騎士、推して参る!!あたしの前に立ちはだかるヤツは、全員ぶっ飛ばす!!!』
関連セリフ
『いくぜ!』『やってやるぜ!!』……ん~……どっちが強そうに聞こえるとおもう?
香子、今回の黒獅子、なんだかノッてるな。
今回の役、結構感情移入しやすかったんだよ。相手がクロ子ってのもあってさ。
白いマントってかっこいいと思うんだぜ!だからすごく気に入ってるんだぜ、この衣装!
役の話とはいえ、香子と違う陣営っていうのもなんだか変な気分だな。新鮮で面白いけどさ。
ん?これか?太陽の髪飾りなんだ。みんな共通で太陽をモチーフにしたアイテムをもってるんだぜ!
『黒獅子の国』、黒い衣装もかっこいいよな!

スタリラ演目紹介/セリフまとめ

スタリラ攻略おすすめ記事

©Project Revue Starlight ©2018 Ateam Inc. ©TBS(JAPAN) ©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    スタリラ攻略最新情報

    スタリラツール

    開催中のガチャ・イベント

    イベント攻略
    ガチャ・新キャラ性能

    ランキング記事

    VSレヴュー攻略

    スタリラ攻略記事

    システム関連
    システム関連
    強化/育成
    アイテム関連

    スタリラデータベース

    属性別キャラ一覧
    配置別キャラ一覧
    攻撃タイプ別キャラ一覧
    学校別キャラ一覧
    クエストボス攻略

    小ネタ・特集

    演目紹介/セリフまとめ

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。